GETTY

Photo: GETTY

ロードは第60回グラミー賞授賞式でソロでのパフォーマンスを依頼されなかったことを受けて、グラミー賞の主催者を批判しているものと見られている。

ロードは授賞式自体には出席したが、亡くなったトム・ペティへの追悼パフォーマンスへの参加を断り、この日パフォーマンスは行っていない。この判断は、最優秀アルバム賞にノミネートされた他のアーティストには単独でのパフォーマンスの依頼があったことを受けてのものだと報じられている。

ロードはこの問題についてツイッターで言及していると見られており、「私がステージを台無しにしてしまうんじゃないかと議論したというのなら、自分の目で確かめてみて」とツイートし、自身のサイトのツアー・ページのURLを添えている。

https://twitter.com/lorde/status/958028718437425152

ロードによるこのツイートはグラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーの会長、ニール・ポートナウによる主要4部門における女性の受賞が1部門しかなかったことに対する発言に向けている可能性もあるという。

女性の受賞が少なかったことについてニール・ポートナウは次のように述べている。「自身の中にクリエイティヴィティを抱えている女性、ミュージシャンやエンジニア、プロデューサーになりたい女性、そして重役として音楽業界に参加したいと思っている女性と共に始める必要があります……(彼女たちは)進歩しなければいけないのです。なぜなら、彼女たちは受け入れられことになると思うからです」

昨日の授賞式でロードはフェミニスト・アーティストであるジェニー・ホルツァーの作品からの引用を自身のドレスに縫い付けていたことも明らかになっている。彼女はインスタグラムに「これが私流の白いバラよ」と述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ