GETTY

Photo: GETTY

現地時間1月28日にニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで第60回グラミー賞授賞式が開催され、全受賞作品・受賞者が発表されている。

主要4部門は最優秀新人賞はアレッシア・カーラが、最優秀楽曲賞はブルーノ・マーズの“That’s What I Like”が、最優秀レコード賞はブルーノ・マーズの“24K Magic”が、最優秀アルバム賞はブルーノ・マーズの『24K・マジック』が受賞している。

最後に発表された最優秀アルバム賞にはチャイルディッシュ・ガンビーノの『アウェイクン、マイ・ラヴ!』、ジェイ・Zの『4:44』、ケンドリック・ラマーの『ダム』、ロードの『メロドラマ』、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』がノミネートされていた。

受賞者・受賞作品の一覧は以下の通り。

最優秀レコード賞
ブルーノ・マーズ “24K Magic”

最優秀アルバム賞
ブルーノ・マーズ『24K・マジック』

最優秀楽曲賞
ブルーノ・マーズ “That’s What I Like”

最優秀新人賞
アレッシア・カーラ

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞
エド・シーラン “Shape Of You”

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞
ポルトガル・ザ・マン “Feel It Still”

最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞
V.A.『トニー・ベネット・セレブレイツ90』

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
エド・シーラン『÷(ディバイド)』

最優秀ダンス・レコーディング賞
LCDサウンドシステム “Tonite”

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞
クラフトワーク『3-D ザ・カタログ』

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞
ジェフ・ローバー・フュージョン『プロトタイプ』

最優秀ロック・パフォーマンス賞
レナード・コーエン “You Want It Darker”

最優秀メタル・パフォーマンス賞
マストドン ”Sultan’s Curse”

最優秀ロック楽曲賞
フー・ファイターズ “Run”

最優秀ロック・アルバム賞
ザ・ウォー・オン・ドラッグス『ア・ディーパー・アンダスタンディング』

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
ザ・ナショナル『スリープ・ウェル・ビースト』

最優秀R&Bパフォーマンス賞
ブルーノ・マーズ “That’s What I Like”

最優秀トラディショナル・R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞
チャイルディッシュ・ガンビーノ “Redbone”

最優秀R&B楽曲賞
ブルーノ・マーズ “That’s What I Like”

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞
ザ・ウィークエンド『スターボーイ』

最優秀R&Bアルバム賞
ブルーノ・マーズ『24K・マジック』

最優秀ラップ・パフォーマンス賞
ケンドリック・ラマー “HUMBLE.”

最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞
ケンドリック・ラマー feat. リアーナ “LOYALTY.”

最優秀ラップ楽曲賞
ケンドリック・ラマー “HUMBLE.”

最優秀ラップ・アルバム賞
ケンドリック・ラマー 『ダム』

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞
クリス・ステイプルトン “Either Way”

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス賞
リトル・ビッグ・タウン “Better Man”

最優秀カントリー楽曲賞
クリス・ステイプルトン “Broken Halos”

最優秀カントリー・アルバム賞
クリス・ステイプルトン『フロム・ア・ルーム:ヴォリューム1』

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
ピーター・ケイター『ダンシング・オン・ウォーターI』

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ賞
ジョン・マクラフリン “Miles Beyond”

最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞
セシル・マクロリン・サルヴァントが『ドリームス・アンド・ダガーズ』

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞
ビリー・チャイルズ『リバース』

最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
クリスチャン・マクブライド・ビッグ・バンド『ブリンギン・イット』

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
パブロ・シーグレル・トリオ『ジャズ・タンゴ』

最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞
シーシー・ワイナンス “Never Have To Be Alone”

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック楽曲賞
ヒルソング・ワーシップ “What A Beautiful Name”

最優秀ゴスペル・アルバム賞
シーシー・ワイナンス『レット・ゼム・フォール・イン・ラヴ』

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム賞
ザック・ウィリアムス『チェーン・ブレイカー』

最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞
リーバ・マッキンタイア『シング・イット・ナウ:ソングス・オブ・フェイス&ホープ』

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
シャキーラ『エル・ドラド』

最優秀ラテン・ロック、アーバン、オルタナティヴ・アルバム賞
レジデンテ『レジデンテ』

最優秀リージョン・メキシカン・アルバム賞(テハーノ含む)
アイダ・クエバス『Arriero Somos Versiones Acústicas』

最優秀トロピカル・ラテン・アルバム賞
ルベーン・ブラデス & ロベルト・デルガード & オルケスタ『サルサ・ビッグ・バンド』

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス賞
アラバマ・シェイクス “Killer Diller Blues”

最優秀アメリカン・ルーツ楽曲賞
ジェイソン・イズベル・アンド・ザ・400ユニット “If We Were Vampires”

最優秀アメリカーナ・アルバム賞
ジェイソン・イズベル・アンド・ザ・400ユニット『ザ・ナッシュヴィル・サウンド』

最優秀ブルーグラス・アルバム賞
ジ・インフェイマース・ストリングダスターズ『ローズ・オブ・グラヴィティ』

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞
ザ・ローリング・ストーンズ『ブルー&ロンサム』

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞
タジ・マハール&ケブ・モ『タジモ』

最優秀フォーク・アルバム賞
エイミー・マン『メンタル・イルネス』

最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞
ロスト・バイユー・ランブラーズ『カレンダ』

最優秀レゲエ・アルバム賞
ダミアン“ジュニア・ゴング”マーリー『ストーニー・ヒル』

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
レディスミス・ブラック・マンバーゾ『シャカ・ズールー・リヴィジテッド:30thアニバーサリー・エディション』

最優秀子供向けアルバム賞
リサ・ローブ『フィール・ホワット・ユー・フィール』

最優秀スポークン・ワード・アルバム賞
キャリー・フィッシャー『ザ・プリンセス・ダイアリスト』

最優秀コメディ・アルバム賞
デイヴ・シャペル『ジ・エイジ・オブ・スピン&ディープ・イン・ザ・ハート・オブ・テキサス』

最優秀ミュージカル・ショウ・アルバム賞
『ディア・エヴァン・ハンセン』

最優秀サウンドトラック・アルバム編集賞:映画、テレビ、その他映像部門
V.A. 『ラ・ラ・ランド』

最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
V.A. 『ラ・ラ・ランド』

最優秀楽曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
“How Far I’ll Go” (『モアナと伝説の海』)

最優秀インストゥルメンタル作曲賞
アルトゥーロ・オファリル&チューチョ・バルデス “Three Revolutions”

最優秀インストゥルメンタルまたはアカペラ編曲賞
ジョン・ウィリアムス “Escapades for Saxophone and Orchestra”

最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞
ランディ・ニューマン “Putin”

最優秀レコーディング・パッケージ賞
ファーザー・ジョン・ミスティ 『ピュア・コメディ(デラックス・エディション)』

最優秀ボックスまたはスペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞
V.A. 『ザ・ヴォイジャー・ゴールデン・レコード』

最優秀アルバム・ノーツ賞
オーティス・レディング 『ライヴ・アット・ザ・ウィスキー・ア・ゴー・ゴー:コンプリート・レコーディングス』

最優秀ヒストリカル・アルバム賞
レナード・バーンスタイン 『レナード・バーンスタイン – ザ・コンポーザー』

最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)
ブルーノ・マーズ 『24K・マジック』

最優秀プロデューサー賞(クラシック以外)
グレッグ・カースティン

最優秀リミックス・レコーディング賞
デペッシュ・モード “You Move (Latroit Remix)”(デニス・ホワイト)

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞
ジェーン・アイラ・ブルーム 『アーリー・アメリカンズ』

最優秀アルバム技術賞(クラシック部門)
マンフレッド・ホーネック / ピッツバーグ交響楽団『ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番ニ短調Op.47「革命」バーバー: 弦楽のためのアダージョ』

最優秀プロデューサー賞(クラシック部門)
デヴィッド・フロスト

最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞
マンフレッド・ホーネック / ピッツバーグ交響楽団『ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番ニ短調Op.47「革命」バーバー: 弦楽のためのアダージョ』

最優秀オペラ・レコーディング賞
『ベルク:ヴォツェック』

最優秀合唱パフォーマンス賞
『ブライアーズ:ザ・フィフス・センチュリー』

最優秀小規模アンサンブル・パフォーマンス賞
パトリシア・コパチンスカヤ&セント・ポール室内楽団 “Death & The Maiden”

最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞
ダニール・トリフォノフ “Transcendental”

最優秀クラシック・ソロ・ヴォーカル・アルバム賞
バーバラ・ハンニガン、ルードヴィッヒ・オーケストラ(演奏)『クレイジー・ガール・クレイジー』

最優秀クラシック・コンペンディアム賞
ジェイムス・バトン、ロベルト・ディアス&ナッシュヴィル交響楽団『ヒグドン:全ては壮大な/ヴィオラ協奏曲/オーボエ協奏曲』

最優秀クラシック・コンテンポラリー作曲賞
ジェイムス・バトン、ロベルト・ディアス&ナッシュヴィル交響楽団 “Viola Concerto”

最優秀ミュージック・ビデオ賞
ケンドリック・ラマー “HUMBLE.”

最優秀音楽映画賞
V.A. 『ザ・デファイアント・ワンズ』

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ