GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストとキム・カーダシアンは、代理母が二人にとって第三子となる女の子を出産したことを発表している。

カニエ・ウェストとキム・カーダシアンについては、昨年6月にキム・カーダシアンがもう一人の妊娠に関してドクター・ストップがかかったために、代理母と契約を結んだことが報じられていた。

昨年9月には二人によって代理母が妊娠したことが発表されてたが、今回、現地時間1月15日0時47分に7ポンド6オンス(約3,345グラム)の女の子が産まれたことが発表されている。

赤ちゃんの名前は現時点で発表されていない。

キム・カーダシアンは、「彼女がやってきたわ!」というキャプションと共に自身のブログへのリンクをソーシャル・メディアに投稿している。

「カニエと私は、健康で美しい女の子の赤ちゃんを迎えたことを、喜びとともに発表します」とキム・カーダシアンは綴っている。

「私たちは、誰かが与えられる最高のギフトをもって私たちの夢を叶えてくれた代理母、格別のサポートをしてくれた素晴らしい医師や看護師の方々に心から感謝しています」

「(私たちの子供である)ノースとセイントも、3人目となる妹を迎えることをとても楽しみにしています」

カニエ・ウェストは2014年にリアリティー番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で知られるキム・カーダシアンと結婚している。2人の間には2013年に第一子となる女の子のノース・ノリ・ウェストが誕生しているほか、2015年に男の子のセイント・ウェストが誕生している。

今年の初めには、セイント・ウェストが「重度の肺炎」のために入院していたことが報じられていたが、数日の入院を経て退院し、現在は健康で元気だという。

一方、カニエ・ウェストは先日、末期ガンを患っていたファンが亡くなってしまう数日前に、フェイスタイムで電話をして電話越しにラップを披露していたことが明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ