GETTY

Photo: GETTY

ブライアン・ウィルソンは、母校の高校から当時「F」判定だった音楽の成績を「A」に変更されることになったという。

ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンは、カリフォルニアのホーソーン高校に在籍していた際、当時の音楽教師であったフレッド・モーガン教諭から、作曲課題として提出した後にザ・ビーチ・ボーイズのデビュー・シングル“Surfin’”の原曲となった楽曲に「F」の成績をつけられている。

ブライアン・ウィルソンが高校を卒業してから数年後に、フレッド・モーガンは次のようにコメントしている。「ブライアンは私に、後に“Surfin’”となった作曲課題を提出しました。作曲課題としては『F』判定でしたが、それで100万ドルを稼いでしまいましたね」

今回、ホーソーン高校で現在音楽の教鞭を執っているヴァネッサ・ランデスフィールド教諭が当時のブライアン・ウィルソンの成績を変更し、現地時間1月15日にブライアン・ウィルソンを高校に招いて正式に新たな成績を授与している。ブライアン・ウィルソンはその後、成績の変更を証明する文書を持ってヴァネッサ・ランデスフィールドと共に撮った写真を自身のツイッターに投稿している。

昨年11月、ノエル・ギャラガーはブライアン・ウィルソンについてその実態よりも音楽界の中で最も「過大評価」されているとしている。ノエル・ギャラガーは『ペースト』誌のインタヴューの中で、新作で使われているアレンジがブライアン・ウィルソンの音楽と類似していると指摘されていると、次のように応じている。

「なんだと、俺はブライアン・ウィルソンが嫌いなんだよ。あのな、俺よりも音楽界で過大評価されている人物がいるとしたら、それはあの人だね」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ