GETTY

Photo: GETTY

ジョルジャ・スミスはストームジーとコラボレーションを行った最新シングル“Let Me Down”の音源を公開している。

楽曲は現地時間1月11日に「Beats 1」のゼイン・ロウ番組で初公開されており、ジョルジャ・スミスは今回のコラボレーションがどのように実現したかについて語っている。

「エド(・トーマス)とスタジオにいて、彼がピアノでコードを弾いて、私が歌っていたら、彼がふらっと入ってきて、出ていったの。それがヴァースで起きたことよ」と彼女は語っている。「文字通り、彼はこの曲に流れ着いたの。それがサウンドにも出てるわね」

プレス・リリースの中でブリット・アウォーズの「クリティックス・チョイス2018」を受賞したジョルジャ・スミスは次のように続けている。「“Let Me Down”は、誰かにとってほとんど意味がなくても、それでも大丈夫よという曲なの。たとえ傷ついたとしてもね」

先日、ジョルジャ・スミスはインスタグラムのストーリーで引ったくりの被害に遭ったことを明かしている。投稿された動画には「あの通りで引ったくりをした奴は報いを受けることになるわ」という文字が表示され、他にも「かわいいバッグの時は気をつけて」「歩いてる時は電話しないほうがいい」と綴られている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ