GETTY

Photo: GETTY

カミラ・カベロはフィフス・ハーモニーからの脱退から1年あまりを経て脱退した理由について語っている。

アメリカ版「Xファクター」のなかで2012年に結成されたフィフス・ハーモニーだが、カミラ・カベロは2016年12月に脱退している。

カミラ・カベロは本日1月12日にソロ・デビュー・アルバム『カミラ』をリリースしており、大ヒット曲“Havana”を生んだアルバムは批評家から現在のところ好評を得ている。

『ニューヨーク・タイムズ』紙のインタヴューのなかでカミラ・カベロは2015年にリリースされたショーン・メンデスとのコラボレーション“I Know What You Did Last Summer”がグループの中で緊張を生むことになったと説明している。

彼女はまたフィフス・ハーモニーの曲の歌詞を書いてもいいかどうか尋ねたところ、拒絶されたという。

記事によれば、カミラ・カベロは「最初はソロ・アルバムに取り組みながら、グループにも在籍していたかった」ものの、「他のメンバーが締め出した」という。

「私は単に好奇心があって、学ぶためにも、音楽を作って、曲を書いている人たちに会って、自由でいたかったの」とカミラ・カベロは語っている。「単にそうしたかっただけなんだけど、うまくいかなかったのよ」

カミラ・カベロはディプロといったプロデューサーとの作曲のセッションに参加したことが決定打となったと語っている。

「ソロをやりながら、同時にグループにいることなんて不可能だって明らかになったの」と彼女は説明している。「個性を追求しようと思ったら、それに抗うなんてよくないわけだから」

カミラ・カベロのヒット曲“Havana”は全米ポップ・レディオ・チャートで7週連続1位を獲得しており、この記録はテイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ケシャと並び、アデルの“Someone Like You”以来、最も長い記録となっている。

カミラ・カベロの『カミラ』のダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ