Andy Hughes/NME

Photo: Andy Hughes/NME

ウェールズ出身のプリティ・ヴィシャスがニュー・シングル“National Plastics”のミュージック・ビデオを公開している。

マーサー・ティドビル出身の彼らは、今夏のグラストンベリー・フェスティバルでBBBイントロデューシング・ステージのヘッドライナーを務めた後、日本ではサマーソニックにも出演し、先日のレディング&リーズ・フェスティバルにも出演している。

このミュージック・ビデオは彼らにとって初めてのミュージック・ビデオとなっており、カーディフのライヴで撮影され、バンドのエネルギー溢れるパフォーマンスを観ることができる。

“National Plastics”のミュージック・ビデオはこちらから。

バンドは9月後半にブリストル、ロンドン、リーズ、グラスゴー、マンチェスターでライヴを行う予定となっている。

ツアーの日程は以下の通り。

Bristol, Exchange (September 24)
London, Tufnell Park Dome (25)
Leeds, Wardrobe (27)
Glasgow, King Tuts (29)
Manchester, Deaf Institute (30)

プリティ・ヴィシャスは『NME』の選ぶ、2015年を席巻する50の新人にも選ばれており、そこには次のように書かれている。

「マーサーの10代であるプリティ・ヴィシャスは94年の頃のオアシスのアティテュードを彷彿とさせ、それをメインストリームのサウンド・プロダクションと掛け合わせることで、多くのメジャー・レーベルの関心を呼んでいる。オンラインで聴けるのは“Cave Song”の1曲のみだが、そこからはジェイク・バグがフロントマンを務めるアークティック・モンキーズといった風合も」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ