GETTY

Photo: GETTY

エミネムは新作に対する「血迷っている」という指摘や批判について、“Chloraseptic”のリミックスの中で反論している。

エミネムは通算9枚目のアルバム『リバイバル』を12月15日にリリースしている。これは2013年発表の『ザ・マーシャル・マザーズLP 2』以来の新作であり、リード・シングル“Walk On Water”ではビヨンセとコラボレーションしている。

“Chloraseptic”はもともと『リバイバル』に収録されており、今回のリミックスでは新たに2チェインズをフィーチャリングに迎えており、エミネムによる新たなヴァースが足されているという。

このリミックスの中で、エミネムは次のようにラップしている。「これまでのヤバさはなくて、“Walk On Water”がつまらない?/クソ、くたばっちまえ(“Not as raw as I was / ‘Walk on Water’ sucked? / Bitch, suck my dick.”)」

彼はこう続けている。「お前ら全員トラックリストを見て怒ってたな/聴いてすらいないのに/意見を決めて、腕組んで椅子に座ってたんだ/ちょこざいなリアクション動画を作って曲について語ったんだ/ああ、お前らは血迷ってるって言うんだろ/お前らの方がおかしいんだよ(“Y’all saw the tracklist and had a fit / Before you heard it / So you formed your verdict While you sat with your arms crossed / Did your little reaction videos and talked over songs / Nah dog, y’all saying I lost it / Your fucking marbles are gone.”)」

また、最新の情報によると、エミネムはジムでのワークアウト中に昨年最も聴かれたアーティストであることが明らかになっている。

スポティファイはリスナーのストリーミングやプレイリストの再生履歴の詳細を発表している。エミネムの“Till I Collapse”は2017年、ジムでのワークアウト中に世界で最も聴かれた楽曲であるといい、2位にポスト・マローンの“Rockstar”が、3位にエミネムの“Lose Yourself”がランクインしている。

ワークアウトのプレイリストとしては、全2500万プレイリストのうち“Beast Mode”、“Workout Twerkout”、“Latin Dance Cardio”、“Throwback Workout”が最も多く再生されたという。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ