GETTY

Photo: GETTY

ジューダス・プリーストのフロントマンであるロブ・ハルフォードは、2018年のロックの殿堂入りを逃した際に送られてきた落選通知を公開している。

現地時間12月13日、2018年にロックの殿堂入りを果たす5アーティストが発表されていり、ボン・ジョヴィ、ニーナ・シモン、ザ・カーズ、ザ・ムーディ・ブルース、ダイアー・ストレイツが選ばれている。また、シスター・ロゼッタ・サープもロックの殿堂の初期に影響を与えた人物として、式典の日にその功績を讃えられるという。

ジューダス・プリーストはレディオヘッド、ケイト・ブッシュ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、デペッシュ・モード、ユーリズミックス、MC5、LL・クール・Jらと共にロックの殿堂入りから外れている。

ロックの殿堂入りから外れたことを受け、ロブ・ハルフォードはフェニックスのラジオ局「100.7 KSLX」に対して、ぜひとも殿堂入り「したかった」と語り、自分たちのバンドは殿堂入りに「値する」と述べている。

「俺たちは10000時間以上の時間を注いできたわけでね」と彼は語っている。「それに、ヘヴィ・メタルはもっとロックの殿堂で地位を占めるべきだと感じてるんだ」

「ノミネートされるなんて感激しているし、光栄だと思っているよ」とロブ・ハルフォードは続けている。「だから、ほろ苦い感じだね。ノミネートされて、今までやってきたことがある意味認められてさ。でも、選ばれなかったわけでね。けれど、最終的によりメタルに近づくことになればと思ってるよ」

ロブ・ハルフォードのインタヴュー動画はこちらから。

公開された落選通知の全文訳は以下の通り。

「ロックの殿堂へのノミネートを受け入れてくださりありがとうございます。殿堂入りに十分な票が得られなかったため、今年は落選となりました。アーティストが殿堂入りまでに何度も候補になることは度々あります。例えば、ブラック・サバスは殿堂入りまでに8回ノミネートされましたし、パティ・スミスは7回、ソロモン・バークは9回、ビースティ・ボーイズとヤードバーズは3回候補に選ばれました。

もしオハイオ州クリーヴランドの我々の博物館の近くでツアーや旅行をするときは是非お立ち寄りください。6フロアに及ぶ展示はロックの驚くべき歴史、そしてそれがどのように世界を変えたかについて教えてくれます。あなた方はその一部です、ぜひともご覧ください。もう一度、ノミネートについてお祝い申し上げます。

敬具
ロックの殿堂社長兼CEO グレッグ・ハリス」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ