GETTY

Photo: GETTY

エミネムの長年のコラボレーターでプロデューサーのデナウン・ポーターは、新作『リバイバル』からのリード・シングル“Walk On Water”のフィーチャリング・シンガーの第一候補はビヨンセでなかったことを明かしている。

エミネムの新作『リバイバル』は12月15日にリリースされており、通算9作目でアルバムとしては2013年発表の『ザ・マーシャル・マザーズLP 2』以来となっている。

先月、アルバムに先立って、ビヨンセとのコラボレーションとなる“Walk On Water”がシングルとしてリリースされている。D12のメンバーで、コン・アーティス名義でラッパーとしても活動するデナウン・ポーターはヒップホップ・サイト「ディスイズ50」に対して、元々はアデルがシンガーとして考えられていたことを明かしている。

デナウン・ポーターは彼が初めて曲を聴いた時はアデルが考えられていたものの、「彼女や彼女にあることが起きて、できなくなってしまった」と語っている。

彼は続けて、最終的にビヨンセに接触することになったと説明しており、「できるのは数人しかいないだろう」と語っている。

エミネムは先日、BBCラジオ1のために行った3曲のパフォーマンス映像が公開されている。

エミネムはアニー・マックが司会を務めるメイダ・ヴェール・セッションのためにパフォーマンスを行っている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

https://www.youtube.com/watch?v=RF-AwnT2LLA

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ