GETTY

Photo: GETTY

プレミア・リーグでの新記録となったマンチェスター・シティによる15連勝にいかにオアシスが影響を与えたかが明らかになっている。

大のマンチェスター・シティのファンとして知られるノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーだが、ノエル・ギャラガーは先日、元ザ・スミスのジョニー・マーと一緒にマンチェスター・シティの試合を訪れている。

マンチェスター・シティの監督であるジョゼップ・グアルディオラは以前、選手たちが試合前にロッカールームでオアシスを聴いていると語り、“Don’t Look Back In Anger”が彼のお気に入りの1曲であることを明かしていた。

今回『ザ・ミラー』紙は、現地時間12月13日にスワンシーを4対0で破った試合で、マンチェスター・シティの選手は「聴いていたオアシスの音量を上げた」とのことで、ギャラガー兄弟がチームに「人気のインスピレーション」になっていると報じている。

この試合に勝利したマンチェスター・シティはプレミア・リーグで史上初の15連勝を成し遂げ、2002年にアーセナルがシーズンをまたいで達成した14連勝の記録を塗り替えている。

先週末の試合ではマンチェスター・ダービーの中継にノエル・ギャラガーが元イングランド代表のガリー・ネヴィルらと共に出演していた。

また、ノエル・ギャラガーは先日、自身が選曲したマンチェスター・シティのための「マッチ・デイ・プレイリスト」を公開している。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ