Jill Furmonovsky / Press

Photo: Jill Furmonovsky / Press

キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンは大規模な屋外公演を2公演行うことを発表している。

2016年5月にセカンド・アルバム『ザ・ライド』をリリースしているキャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンは9月に行ったアメリカ・ツアーの最終公演が現時点で最後のライヴとなっている。10月にはバンドが解散したという噂がオンラインで広まる事態となっている。

バンドの担当者は『NME』に対してこの噂が事実ではないことを明かしており、今回正式に2018年にライヴの現場へと復帰することを発表している。

バンドは現地時間12月13日朝に来夏に大規模な屋外公演を2公演行うことを発表しており、5月にニューカッスルで開催される「ディス・イズ・トゥモロー」に出演するほか、7月にはウェールズの首都であるカーディフのカーディフ城でライヴを行うという。

日程は以下の通り。

May 25 – This Is Tomorrow, Spillers Wharf, Newcastle upon Tyne
July 29 – Cardiff Castle, Cardiff

昨年、アルバム『ザ・ライド』をリリースしているキャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンだが、先日ニュー・アルバムへの「準備はできている」と宣言していた。

「今年の終わりにはレコーディングを始めることになってるんだ。でも、そこまでには片付いていると思うよ」と今年3月にフロントマンのヴァン・マッキャンは『ニュースビート』に語っている。「いつやれることになるかは分からないけどね。でも、準備はできてるよ。曲もあるしね」

「可能であれば、半年に1枚のペースでもリリースするよ。でも、世界を回らなきゃいけないし、スケジュールもあるからね」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ