GETTY

Photo: GETTY

ケイティ・ペリー、デミ・ロヴァート、カーディ・Bらは、自身のいじめについて訴えた痛切なビデオがネットで大きな反響を呼んでいるキートン・ジョーンズに励ましの言葉を送っている。

テネシー州メイナードヴィルの少年、キートン・ジョーンズは母親に「ねえ、どうして彼らはいじめるの? なんのために?なんで悪くない人をからかったり、意地悪して楽しむことができるの? そんなのおかしいよ」と訴えかける動画が話題となっており、1900万回以上の再生数を記録している。

ビデオがインターネット上で急速に広まる中、多くのアーティストやセレブリティたちが次々とキートン・ジョーンズに励ましの言葉を送って、自身の経験を共有しようとしたキートン・ジョーンの勇気を讃えている。

「胸が張り裂けそうだわ。どうかお互いに優しくなってほしい」とケイティ・ペリーが綴る一方で、自身もいじめの被害者であるデミ・ロヴァートは次のようにツイートしている。「あなたを支持するわ。キートン、ねえ、あなたは一人ぼっちじゃないことを知って。いじめを乗り越えて強くなった人はいっぱいいるし、あなたもその中の一人に違いないのよ! 愛しいあなたに神のご加護があることを」

https://twitter.com/katyperry/status/939992273135243266

カーディ・Bは怒りを隠すことなく、いくつかに分けて次のようにツイートしている。「とても悲しいし、熱くなりすぎってくらい怒ってる。子供たちにいじめっ子にならないよう言ってほしい。彼らに他の子をいじめることなく、我慢をする仕方を教えてあげて。このビデオの男の子のことが頭から離れないわ。彼を抱きしめて、彼をいじめる子たちをこてんぱんにしてやりたい。子供だからだなんて関係ないわ。ファック・ユー! 」

彼女は次のように続けている。「ビデオのせいで、一晩中とても寝れたもんじゃなかったの。まるで自分自身のことみたいに傷つけられたわ」

https://twitter.com/iamcardib/status/939761759803625477

https://twitter.com/iamcardib/status/939924059617398784

https://twitter.com/iamcardib/status/939924412824018950

他にも、DJのゼッドは次のようにツイートしている。「やあキートン・ジョーンズ、僕のショーの中で君の選んでくれたものにゲストとして君を招待したいんだ。フライトも宿泊も僕が支払うよ。すごく率直に話がしたいんだ、相棒!!!」

https://twitter.com/Zedd/status/940050289431678976

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ