GETTY

Photo: GETTY

ニルヴァーナは現存するメンバーがステージに集結し、デイヴ・グロール、パット・スメアらフー・ファイターズのメンバーとクリス・ノヴォゼリックが共演している。

現在、新作『コンクリート・アンド・ゴールド』を引っさげてアメリカ・ツアーを行っているフー・ファイターズだが、オレゴン州ユージーンの公演ではニルヴァーナのメンバーたちが共演し“Big Me”を披露している。

共演の模様はこちらから。

また、クリス・ノヴォゼリックはツイッターで、ステージ袖から撮影した写真をハート・マークを添えて投稿している。

今月、ニルヴァーナは1991年のアコースティック・ライヴの未発表音源が発見され、インターネット上に投稿されている(ただしオリジナルの投稿は現在削除されている)。

26年前の12月1日にカート・コバーンとデイヴ・グロールはエディンバラのサザン・バーでパフォーマンスを行っており、音源を投稿した人物によれば、会場ではチャリティ・イベントが行われていて、地元のバンドのジョイライダーズも出演したほか、二人が「超スペシャル・ゲスト」として出演したという。なお、ライヴの収益は町にある小児病院に寄付されたという。

カート・コバーンとデイヴ・グロールは5曲を披露したと言われているが、今回の音源ではそのうち2曲のフル・パフォーマンスと1曲の一部が録音されており、“Dumb”と“Polly”、そして“Jesus Wants Me For A Sunbeam”の一部を聴くことができる。音源の冒頭部では、カート・コバーンが観客とジョークを交わしている様子を聴くことができる。

音源はこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ