David Edwards / PRESS

Photo: David Edwards / PRESS

フランツ・フェルディナンドは来たるニュー・アルバム『オールウェイズ・アセンディング』からのタイトル曲“Always Ascending”のミュージック・ビデオを公開している。

ミュージック・ビデオはフロントマンのアレックス・カプラノスをはじめとするバンド・メンバーが暗闇の風景の中を漂うシーンからスタートし、その後スタジオでの演奏シーンに移るものとなっている。

シンセを基調としたエレクトロニックなサウンドによる“Always Ascending”は実験的で、前進した楽曲となっており、ギターを主体とした自身のルーツから大きく船出したものとなっている。

“Always Ascending”のミュージック・ビデオはこちらから。

「僕たちにできるサウンドで、これまで聴いたことのないサウンド、つまりは未来のサウンドを作りたかったんだ。2017年にレコーディングしていると、次のものに向かう必要があるんだよ。2018年でもまだ聴いたことのないサウンドは何かってね。(このアルバムの形容について)『自然主義』って言葉も使ってるけど、これは逆行を意味するわけではなくて、人間が実際にプレイしているものってことで使ってるんだ」とアレックス・カプラノスは『NME』に語っている。

「スタジオではデジタル風にすべてを仕上げていくことに惹きつけられたんだよね。音楽をフォトショップ加工するっていうかね。でも、全部実際に演奏していて、プログラムによるものはないんだ。生々しくなければならなかったし、ロックンロールとしての側面を持ってるんだよ」

アレックス・カプラノスは新作がフランツ・フェルディナンドの新時代の到来を告げているとしている。

「僕は前作のフランツ・フェルディナンドのアルバム(『ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション』)はある時期の素晴らしいブックエンドだと思ってるんだ」と彼は認めている。

「今回のアルバムは来たる10年の完璧なイントロダクションになってると思うよ」

フランツ・フェルディナンドは新作『オールウェイズ・アセンディング』を2月9日にリリースする。アルバムに先立って1月に来日公演を行うことも決定している。

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると先行で“Always Ascending”をダウンロードできる。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:Franz Ferdinand(フランツ・フェルディナンド)
タイトル:Always Ascending(オールウェイズ・アセンディング)
レーベル:Domino / Hostess
リリース日:2018年2月9日(金)
※日本盤詳細は後日発表
1. Always Ascending
2. Lazy Boy
3. Paper Cages
4. Finally
5. The Academy Award
6. Lois Lane
7. Huck And Jim
8. Glimpse Of Love
9. Feel The Love Go

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ