Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

コートニー・バーネットはニュー・アルバムについて最新の情報を公開しており、「完成に近づいている」と語っている。

コートニー・バーネットは2015年にリリースした『サムタイムス・アイ・シット・アンド・シンク、サムタイムス・アイ・ジャスト・シット』でブレイクを果たしている。先月、彼女は15ヶ月間の中の8日でレコーディングされた、カート・ヴァイルとのコラボレーション・アルバム『ロッタ・シー・ライス』をリリースしている。

その間にコートニー・バーネットは自身のソロ・アルバムの制作にも取り組んでおり、昨年、新作について『NME』に「半分を書き終えた」と述べており、デビュー作よりもよりダークでメランコリックなものになるとしている。

今回「Beats 1」のインタヴューでコートニー・バーネットはアルバムがほぼ完成していると語っている。

「新作のタイトルを考えようとしているところなの」と彼女はゼイン・ロウに語っている。「全部短いものばかりで、なにかクレヴァーなものを考えようとしているところなの」

アルバムが完成しているかどうかについて訊かれると、コートニー・バーネットは次のように語っている。「そうね、多分ちょっとネタバレになるけど、完成に近づいているわ」

コートニー・バーネットは昨年『NME』に次のように語っている。「ある日、それまで書いてきたものがすべて嫌いになってしまったの。次は大丈夫だと思うけどね。ツアーから帰ったら、そのことについて論理的に考えられると思うわ。今のところ、新曲は人生の意味についてを概して反映しているわね。今ここにいる目的、それは全部バカげたものだという。ピアノでたくさんの曲を書いているの。おそらく政治を反映してよりダークでメランコリックなものになるわ」

アルバムにはバンドも参加するのかと訊かれてコートニー・バーネットは次のように答えている。「分からないわ。ピアノの弾き語りになるかもしれない。だから、分からないわね。どうやってアルバムのサウンドをうんと発展させるのか分かっていたら、レコーディングで悩まないんだろうけどね。でも、バンドのメンバーは大好きよ。素晴らしいミュージシャンたちだから」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ