GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのリズム・ギタリストであるマルコム・ヤングの葬儀がシドニーで現地時間11月28日に開催されることが明らかになっている。

現地の報道によれば、葬儀はシドニーのセント・マリーズ・カテドラルで午前11時より執り行われるという。11月28日はオーストラリアでも最大の音楽賞、ARIAアウォーズの授賞式が開催される日ともなっている。

弟のアンガス・ヤングと共に1973年にバンドを結成したマルコム・ヤングは2014年までバンドでプレイしていたが、認知症のためにバンドを引退することを発表していた。享年64歳だった。

マルコム・ヤングの訃報を受けて、フー・ファイターズガンズ・アンド・ローゼズはAC/DCのカヴァーを演奏して、追悼の意を表している。

バンドは訃報を受けて次のような声明を発表している。「今日、非常に深い悲しみとともにマルコム・ヤングが亡くなったことをお伝えします。マルコムはアンガスを初めとしたAC/DCのメンバーや結成メンバーに囲まれて、バンドを前進させていくその関わりや献身さを讃えられて亡くなりました。彼は常に自分の信念を保ち続け、本当に求めていることを語りました。彼は自分が乗り出したすべてのことに誇りを持っていました。彼のファンへの忠誠心は最高のものでした。兄として彼が私の人生において担った役割は言葉で表現できるものではありません。私たちが持っていた絆は唯一無二で特別なものでした。彼は永遠に残る遺産を遺してくれたのです。マルコム、素晴らしい仕事でした」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ