GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは弟のリアム・ギャラガーとほぼ同時期にアルバムをリリースしたことについて話題を作るためだったことを否定している。

ノエル・ギャラガーは11月22日にハイ・フライング・バーズのアルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』をリリースしている。リアム・ギャラガーは今年10月にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしている。

「ヴァルチャー」の新たなインタヴューでノエル・ギャラガーはアルバム・リリースが話題を作るためにコーディネイトされたものだったのか、それとも「幸運な偶然」だったのかを尋ねられている。

ノエル・ギャラガーは次のように答えている。「ちょっと鬱陶しいんだけどさ。俺のアルバムはそれに合わせたわけじゃないよ。誰に対しても合わせたわけじゃないんだよ。俺のアルバムは準備ができてて、それでリリースした。それだけだよ。他の奴に近かったとしても、それはそれだよね」

「あいつのアルバムが俺のアルバムと同じ日に出るかなんて気にしないよ」とノエル・ギャラガーは続けている。「あいつが俺のアルバムをプロモーションしてくれたことには感謝するけど、まだリリースされてないからな」

また、ノエル・ギャラガーはリアム・ギャラガーについて「バカな奴」だと批判し、自身が出演した9月のマンチェスター・アリーナの再オープン公演をリアムが批判したことについて「まともだと思えない」と語って話題となっている。

マンチェスター・アリーナでのチャリティー・コンサートを「PR行為」だとリアムに批判されたことについて、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「俺に言えるのは――そして、これが俺に言えるすべてだけど、あいつがまともだとは思えないね。それがあいつについて言える他のどんなことよりもあいつを物語ってるはずだよ。マジであいつについてはまともだと思えないね」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ