GETTY

Photo: GETTY

俳優でミュージシャンのデヴィッド・キャシディが亡くなった。享年67歳だった。

デヴィッド・キャシディは1970年代のアメリカのシットコム『パートリッジ・ファミリー』のキース・パートリッジ役で知られており、先週多臓器障害で入院していた。

デヴィッド・キャシディの遺族は現地時間11月21日に彼が亡くなったことを発表し、声明の中で次のように述べている。「デヴィッドは彼の愛した人々に囲まれ、その胸の喜びと共に、長い間支配されていた痛みから解放されて亡くなりました」デヴィッド・キャシディの甥であるジャック・キャシディはツイッターで追悼の意を表している。

「私の叔父であるデヴィッド・キャシディが不幸にも今夜、亡くなりました……喪に服すなかで私は、彼が数え切れない多くの人々にもたらした喜びを神に感謝せずにはいられません。みなさんも彼を惜しむなか、私は自分が孤独だとは思いません。幸運を祈ってます」

今年に入ってデヴィッド・キャシディは認知症を患っていることが明らかになっており、それによってツアーの中止を余儀なくされている。

「私は自分が何者で、誰であり、そして何にも気をそらされるこなくこられたことに集中したいと思っています」と2月にデヴィッド・キャシディは述べている。「私は人生を愛し、人生を楽しみたいのです」

デヴィッド・キャシディは1970年から1974年まで放送されていた「パートリッジ・ファミリー」で一躍有名になっている。「パートリッジ・ファミリー」でデヴィッド・キャシディは、ロック・バンドを結成する家族の一員であるキース・パートリッジを演じており、またその後ミュージシャンとしてのキャリアを築き、多くのアルバムやシングルをヒットさせている。

デヴィッド・キャシディの通算3作目のアルバムである『夢のつぶやき』は1973年にイギリスでアルバム・チャート1位を獲得しており、世界中で3000万枚以上売り上げている。

近年、デヴィッド・キャシディは3度の飲酒運転で逮捕されたことが報道されており、2014年には判決の一環でリハビリ施設に入っている。デヴィッド・キャシディは2015年に破産申請をしている。

訃報を受けて、デヴィッド・キャシディへの追悼の声が続々と上がっており、ブライアン・ウィルソンはデヴィッド・キャシディを「とても才能のある素晴らしい人」と称している。

追悼の声はこちらから。

「デヴィッド・キャシディのことを聞き、本当に残念に思っています。1970年代中頃、彼はよく私の家に来ていて、さらに一緒に曲を書いていました。彼はとても才能があり、素晴らしい人でした。デヴィッドと彼の遺族に愛と慈悲を」

「デヴィッド・キャシディと『パートリッジ・ファミリー』は俺の幼少期そのものだよ。彼は俺の文化的世界に大きな影響をもたらしてくれたんだ。愛と尊敬の念を彼と彼の家族に送ります」

「デヴィッド・キャシディが亡くなったことを聞いて、とても悲しく思っている……彼はいつも僕に親切にしてくれたんだ――僕の番組に出演してもらえたことをとてもうれしく思っているよ……愛と祈りを彼の家族に送ります……安らかに、我が友よ」

https://twitter.com/MoMcCormick7/status/933182102060777474

「デヴィッド・キャシディが亡くなったことを聞いて、とても悲しく思っている。彼はいつも親切で素敵だった。私たちの番組はどちらも金曜日の夜にあって、私は心の中でパートリッジ家の一員になることを夢見ていたの。彼の思い出と愛は私の中で永遠に生き続けるわ。彼の遺族に祈りを」

「安らかに、デヴィッド・キャシディ」

「ケーブル・テレビやインターネットが登場するずっと前、彼は絵に書いたようなロック・スターでした。愛と心からの哀悼の意を彼の家族や友人、ファンに送ります。世界は真のアイコンと素晴らしい人間を失いました。安らかに」

「安らかに、デヴィッド・キャシディ。『天才少年 マルコム奮闘記』で彼と仕事をしたよ。彼は非常に優れた、才能あふれる人だった」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ