GETTY

Photo: GETTY

ロイヤル・ブラッドの複数のライヴで相次いで携帯電話の窃盗が発生し、53台を超える携帯電話が盗まれたことを受けて逮捕者が出ている。

バーミンガム警察は22歳の男性を逮捕しており、彼の所持品には53台もの盗まれた携帯電話があったという。11月18日に開催されたバーミンガム・アリーナでのロイヤル・ブラッドの公演でその男は盗みを働いていたとのことで、警察によると、これまでロイヤル・ブラッドの複数のライヴでファンが窃盗の標的にされていたということを示す諜報機関の情報をもとに捜査が行われ、その男が特定されている。レディングやカーディフの公演でも携帯電話が盗まれていたことを受けて、ロイヤル・ブラッドは次のような声明を発表していた。

「カーディフとレディングでの携帯電話の盗難事件の報告を受けて、僕たちの公演に参加する予定のファンの皆様には周囲に注意を払ってもらい、特に携帯電話や財布といった貴重品に注意していただければと思います。チケットをお持ちのすべての方にお伝えすべきと思っていますし、プロモーターにも会場内でこうしたリスクを警告する表示を増やすようお願いしています。当然、犯人を特定するために会場の警備員も増加し、この件に関しては警察と連携を取っていくつもりです」

「もし僕たちのライヴで何か疑わしい行為などを見かけたら、会場の警備員に連絡するようお願いできればと思います」

バーミンガム警察の刑事部長、ジェフ・クリフォードは次のように述べている。「現在、被害者の大部分は特定されていますが、当該のコンサートに参加して携帯電話を紛失された方は101に電話してください。通話ログ671 19/11/17が新たな報告の録音に使われています」

さらに彼は次のように続けている。「コンサートの大勢の観客から大量のお金が犯罪者の手に渡ってしまったということは嘆かわしい事態であります」

「私たちはこうした犯罪者たちを引き続き捜索していきますが、人が大勢いるイベントに参加する際に皆さんが引き続き十分すぎるくらいに周囲に注意を払っていただくことで、このような犯罪の被害に遭う人々を減らすこともできます」

「もしも昨晩携帯電話を取られたと思われたら、ぜひ私たちに連絡してください。取り戻すことができるかどうかを確認することができます」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ