GETTY

Photo: GETTY

ストーン・テンプル・パイロッツは新たなフロントマンであるジェフ・グートを迎えた先週のライヴの映像が公開されている。

ストーン・テンプル・パイロッツは先日、スコット・ウェイランド、チェスター・ベニントンに続いてジェフ・グートが新たにフロントマンを務めることを発表している。ジェフ・グートはこれまでニュー・メタル・バンド、ドライ・セルのフロントマンを務め、二度アメリカ版「Xファクター」の挑戦者として出演している。

ジェフ・グートは現地時間11月14日にロサンゼルスのトルバドールで行われたライヴでバンドに加わっている。そのライヴからニュー・シングル“Meadow”と『パープル』収録の“Still Remains”のパフォーマンス映像が公開されている。

元々のフロントマンであるスコット・ウェイランドは2015年12月にツアー・バスで亡くなっているところを発見されている。心血管疾患や喘息と共にドラッグの使用が原因となったことが明らかになっている。

チェスター・ベニントンは2013年から2015年までストーン・テンプル・パイロッツのフロントマンを務めたが、リンキン・パークの活動に専念するためバンドを離れている。

ニュー・シングル“Meadow”は2018年春に発売予定のニュー・アルバムに収録される予定となっている。

ギタリストのディーン・ディレオはジェフ・グートについて次のように語っている。「俺達は、初期の自分達の曲をしっかり歌ってくれるだけではなく、これから続く俺達の未来において、今までとは異なる道を切り拓いてくれるような人を見つけたかった。確かに時間はかかったけど、遂に俺達にぴったりな男を見つけたのさ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ