GETTY

Photo: GETTY

リンキン・パークは現地時間11月19日に行われたアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式で、今年7月に亡くなったフロントマンのチェスター・ベニントンに捧げる感動的なスピーチを披露している。

リンキン・パークは今年のフェイヴァリット・オルタナティヴ・ロック・アーティスト賞を受賞しており、バンドメンバーのマイク・シノダとブラッド・ネルソン、ロブ・ボードンは亡くなったチェスター・ベニントンにこの賞を捧げている。

「まず最初に、どんな時でもバンドをサポートしてくれ、僕らに投票してくれた、この場や世界中にいるファンに感謝します」とリンキン・パークの創設メンバーであるマイク・シノダはスピーチしている。

「(同じくノミネートされていたイマジン・ドラゴンズやトウェンティ・ワン・パイロッツの)彼らとも話をする機会があったんだけど……チェスターについての素晴らしい話をしてくれてね。彼らが話してくれたことは、世界中のファンたちが言ってくれてることと同じなんだ。僕らはこの賞を、チェスター、彼の思い出、彼の才能、彼のユーモアのセンス、彼の喜びに捧げます」

マイク・シノダは次のように続けている。「みんなに覚えておいてほしいんだ。今夜ここにいるみんなにね。僕らのファンであれ、アーティストであれ、自分の手にしたものに感謝して、チェスターを誇りに思う時間とさせてほしいだ。みんな、本当にありがとう」

授賞式では他に、クリスティーナ・アギレラがホイットニー・ヒューストンの主演映画『ボディーガード』の公開から25周年を記念した追悼パフォーマンスを披露しており、“I Will Always Love You”と“I Have Nothing and Run To You”をパフォーマンスしている。

また、ダイアナ・ロスも授賞式に出席しており、家族とともに特別功労賞を受賞している。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ