GETTY

Photo: GETTY

報道によれば、アノーニは先日の公演が実は最後のパフォーマンスだったことを明らかにしているという。

アノーニことアントニー・ヘガティは以前、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズとして活動していたが、改名した後は2作品をリリースしており、デビュー・アルバム『ホープレスネス』を2016年に発表し、今年に入ってかたはEP『パラダイス』をリリースしている。

アノーニは現地時間11月18日、デンマークの都市オーフスで公演を行っている。「ピッチフォーク」によると、現在は削除されているインスタグラムの投稿の中で、アノーニは次のように綴っていたという。「これが私の最後の公演だってみんなに言い続けているのに誰も信じていないみたいね」

さらに、「#ITISFINISHED(これで終わり)」というハッシュタグも投稿の最後に付けられていたことが報じられている。

アノーニはこの公演でオーフス交響楽団とともにパフォーマンスを行っている。2017年のオーフスの「アーティスト・イン・レジデンス」の任期をこの公演を持って終了している。アノーニはこの期間、自身の「フューチャー・フェミニズム」と題した展覧会のワークショップを開催したり、それに伴う公演を主催するなどしていた。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ