GETTY

Photo: GETTY

先日、最後となるワールド・ツアーを発表したオジー・オズボーンだが、完全に引退する見込みはないことを明かしている。

オジー・オズボーンはブラック・サバスとして最後のツアーを終えたあと1年も経たないうちに、同じくソロとして最後となるツアーを発表している。ツアーは来年スタートして2020年まで続く予定で、その後長期のツアーからは身を引くことになるという。「みんないつ引退するのかって俺に訊いてくるんだけどね」とオジー・オズボーンは声明の中で述べている。「これが最後のワールド・ツアーになる予定なんだ。でも、どっかでいくつかライヴをやらないとは言えないけどね」

『USウィークリー』に完全に引退するかどうかを尋ねられ、改めてオジー・オズボーンは次のように答えている。「棺に入れられるまでは引退しないよ。最後のワールド・ツアーを発表したばかりだけど、完全に引退することは考えてないね。あちこちでライヴをやるよ、大規模なツアーではないけどね」

オジー・オズボーンのバンドは長年のコラボレーターであるザック・ワイルド(G)をはじめ、ブラスコ(B)、トミー・クルフェトス(Dr)、アダム・ウェイクマン(Key)という布陣となっている。

発表されたツアー日程は以下の通り。

05/05 – Mexico @ TBA
05/08 – Santiago, CL @ TBA
05/11 – Buenos Aires, AR @ TBA
05/13 – São Paulo, BR @ TBA
05/16 – Curitiba, BR @ TBA
05/18 – Belo Horizonte, BR @ TBA
05/20 – Rido de Janeiro, BR @ TBA
06/01 – Moscow, RU @ Olympiisky Ice Palace (Ledovi Dvorets)
06/03 – St. Petersburg, RU @ TBA
06/06 – Finland @ TBA
06/08 – Solvesborg, SE @ Sweden Rock Festival
06/10 – Donington, UK @ Download Festival
06/13 – Prague, CZ @ Airport Letnany
06/15 – Paris, FR @ Download Festival Paris
06/17 – Italy @ TBA
06/20 – Halden, NO @ Tons of Rock Festival
06/22 – Copenhagen, DK @ Copenhall Festival
06/24 – Dessel, BE @ Graspop Metal Meeting
06/26 – Krakow, PL @ Impact Festival
06/28 – Oberhausen, DE @ König-Pilsnet Arena
06/30 – Madrid, ES @ Download Festival Spain
07/02 – Lisbon, PT @ Meo Arena

今年、ブラック・サバスは最後となる公演を行っているものの、オジー・オズボーンは自身は引退するつもりはないと語っていた。

「俺ぐらいの歳の連中は『65歳だ。引退だよ。それで死ぬんだ』とかって言うんだけどさ」と彼は米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「俺の父親は仕事でちょっとした金をもらって、庭いじりをやって、死んだんだけどさ。俺としては『長年工場で働いてきて、ちょっと残念だな』と思うからさ。俺は引退しないよ。みんなが俺をまだ観たいのであれば、なんで引退しなきゃならないんだい?」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ