GETTY

Photo: GETTY

ジェイ・Zがビヨンセにエミネムの新曲“Walk On Water”に参加するよう説得したことが明らかになっている。

エミネムとビヨンセによる予期せぬコラボレーションとなった“Walk On Water”は現地時間11月10日に公開されている。プロデューサーのリック・ルービンによる新たなポッドキャスト「ブロークン・レコード」の初回配信回の中で、ジェイ・Zが2人のビッグ・ネームを引き合わることになった事実が明らかになっている。

エミネムはピアノの弾き語りによるこの曲の無防備な儚さについて語り、リック・ルービンと共同で司会を務めるマルコム・グラッドウェルは次のように語っている。「リック・ルービンがジェイ・Zに会いに行って、ビヨンセは外出していたんだけど、彼に曲をかけたんだよね」

「それで、彼が気に入って、ビヨンセも気に入ってくれて、彼がビヨンセにコーラスを歌うように言ってくれたんだよ」

ポッドキャストの他の部分でエミネムは新境地を開拓することを音源の新鮮さを保つことへのプレッシャについて触れている。「もしみんなが違うものを期待しているとしたら、どんなことをやるつもりか」と訊かれたエミネムは「まだやったことのないことってあんまりないんだよね」と答えている。

エミネムについては先日、架空の製薬会社のマーケティング・キャンペーンが行われており、ニュー・アルバムは『リヴァイヴァル』というタイトルになると考えられている。

ファンは『リヴァイヴァル』が、2009年の『リラプス』、2010年の『リカヴァリー』に続く3部作の最後の作品となると見ている。アルバムとしては2013年の『ザ・マーシャル・マザーズLP 2』以来となる。

エミネムは現地時間11月18日に「サタデー・ナイト・ライヴ」に出演する予定となっており、この回のホストはチャンス・ザ・ラッパーが務める予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ