ANDY FORD/NME

Photo: ANDY FORD/NME

ガンズ・アンド・ローゼズが2018年のダウンロード・フェスティバルにおける最後のヘッドライナーとして発表されている。

ガンズ・アンド・ローゼズは、来年の6月8日〜10日にドニントン・パークで開催されるダウンロード・フェスティバルの6月9日のヘッドライナーを務める予定となっている。

ガンズ・アンド・ローゼズはスラッシュ、ダフ・マッケイガン、アクセル・ローズのクラシック・ラインナップでの再結成を果たし、「ノット・イン・ディス・ライフタイム」ツアーを行っており、昨年の夏にはイギリスでのライヴを行っている。

今回、ガンズ・アンド・ローゼズは来年のダウンロード・フェスティバルにおける最後のヘッドライナーとして再びイギリスに戻ることが決定している。ダウンロード・フェスティバルは、先日オジー・オズボーンとアヴェンジド・セヴン・フォールドをヘッドライナーとして発表していた。

ガンズ・アンド・ローゼズがヘッドライナーを務めることについて、プロモーターのアンディー・コッピングは次のように語っている。「伝説的なラインナップのガンズ・アンド・ローゼズにダウンロード・フェスティバルのヘッドライナーを務めてもらえるのは素晴らしいことです。この時を何年も待っていたのは私1人ではないと確信しています」

「きっと素晴らしいライヴになって、週末のダウンロード・フェスティバルのハイライトの一つになるでしょう」

今年のダウンロード・フェスティバルではシステム・オブ・ア・ダウン、ビッフィ・クライロ、エアロスミスがヘッドライナーを務めている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ