GETTY

Photo: GETTY

アグリー・キッド・ジョーが19年ぶりとなる復帰作をリリースすることを発表している。

アグリー・キッド・ジョーは10月16日に『アグリー・ザン・ゼイ・ユースト・タ・ビー』をリリースして、復帰する。アルバムは1996年発表の『モーテル・カリフォルニア』以来となっている。

アルバムはルイジアナ州コヴィントンにあるバランス・スタジオで、スリップノットやゴッドスマック、エヴァネッセンスを手掛けたデイヴ・フォートマンの指揮のもとレコーディングされた。

「ある種ひとめぐりしたんだよね」とフロントマンのウィットフィールド・クレインは語っている。「一つの部屋にたくさんの愛情と才能が集まったんだ。アルバムで聴けるのもまさにそういうものだよ」

アルバムにはモーターヘッドのギタリストであるフィル・キャンベルをゲストに迎えた名曲“エース・オブ・スペイズ”のカヴァーも収録される。フィル・キャンベルは、“My Old Man”や“Under The Bottom”といった楽曲にも参加している。

“Hell Ain’t Hard To Find”のリリック・ビデオはこちらから。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

‘Hell Ain’t Hard To Find’
‘Let The Record Play’
‘Bad Seed’
‘Mirror The Man’
‘She’s Already Gone’
‘Nothing Ever Changes’
‘My Old Man’
‘Under The Bottom’
‘Ace Of Spades’
‘Enemy’
‘Papa Was A Rollin’ Stone’

また、バンドはUKツアーを今月行う予定で、ツアーはロンドンのアンダーワールドの2公演で締めくくられる。ツアーの日程は以下の通り。

Milton Keynes, Crauford Arms (September 14)
Manchester, Soundcontrol (15)
Glasgow, The Garage (17)
Nottingham, Rescue Rooms (18)
Wolverhampton, Slade Rooms (19)
Reading, Bowery District (20)
Bournemouth, Sound Control (22)
Plymouth, The Hub (23)
Bristol, Marble Factory (24)
Brighton, Concorde 2 (25)
London, Underworld (26,27)

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ