GETTY

Photo: GETTY

トランポリンは、アルバムのジャケットにヴォーカルのジャック・ジョーンズと彼の姉の幼少期の裸の写真が用いられているために、フェイスブックからバンドのアカウントを閉鎖すると警告されているという。

トランポリンはこれまでにザ・リバティーンズやピート・ドハーティのサポート・アクトを務めており、リアム・ギャラガーのアリーナ・ツアーでは今後オープニング・アクトを務める予定となっている。

10月27日にデビュー・アルバム『スウォンジー・トゥ・ホーンジー』をリリースしているトランポリンだが、フェイスブックによってアルバムのアートワークが問題視されている。ジャケットはロジャー・サージェントによってデザインされており、ヴォーカルのジャック・ジョーンズの叔母によって撮影されたジャック・ジョーンズと彼の姉の幼少期の写真が用いられている。

トランポリンの広報担当によると、フェイスブックはヌードであることを理由にサイト上でのアルバム・ジャケットの使用を禁止し、バンドのアカウントを閉鎖すると警告したという。

アートワークはこちらから。

https://twitter.com/Tramps_fans/status/924228739483013120

トランポリンは、現地時間11月1日にバンドのフェイスブック・ページに関する状況について、次のように投稿している。「俺の最新の投稿も削除されたことに誰か気が付いた? 俺たちのフェイスブックのページを削除するって警告されたよ…(笑)」

https://www.facebook.com/trampoleneofficial/photos/a.805384036144976.1073741828.628523377164377/1880845105265525

昨年、トランポリンはピート・ドハーティーと“Blue Balls And A Broken Heart”という曲でコラボレーションを行っており、この曲はトランポリンのデビュー・アルバムに収録されている。

ジャック・ジョーンズは『NME』に“Blue Balls And A Broken Heart”のミュージック・ビデオについて次のように語っている。「ピートとその仲間に“Blue Balls And A Broken Heart”っていう俺の新しい曲のビデオを撮影することを話したんだ。元々はリヨンでのライヴの後に撮ろうって提案しててさ。電光を使って、クルーを含めた皆で社交ダンスをすることができたからね。けど、ピーターには観客も含めてライヴの途中にやるっていうアイデアがあってね。その日彼は、機材とプロジェクターなんかを用意するように言ってきたんだ。何故だか分からなかったよ」

“Blue Balls And A Broken Heart”のミュージック・ビデオはこちらから。

「どういう風になるか分からなくてね、けど、アンコールで戻ってきて、“Blue Balls And A Broken Heart”をPAで流したんだ。みんなゆっくり踊って、揺れてくれたんだ。見上げて、プロジェクターでピートの祖父母が社交ダンスをしている映像も見てさ。感動的だったよ。映像があの素晴らしい瞬間を捉えていてくれたら嬉しいね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ