GETTY

Photo: GETTY

ジェイ・Zはミーク・ミルに現地時間11月6日、州立刑務所に2年から4年服役するという判決が下されたのを受けて、その実刑判決を「不当で強引な」ものだと批判している。

ミーク・ミルは保護観察条項に違反したとして、フィラデルフィア民事訴訟の裁判官のジェネシス・ブリンクリーから判決を言い渡されている。ミーク・ミルは今年3月に軽犯罪で、8月には危険運転と無謀危険行為で、2度逮捕されている。これら2度の逮捕について起訴は取り下げられているにもかかわらず、最新の法廷ではこうした出来事を受けて、彼の保護観察が批判さている。

結果的にミーク・ミルは最低2年間は刑務所に入ることになっており、裁判官は薬物テストに不合格だったことや彼の旅行を制限する裁判所命令に従わなかったことなどを理由に挙げている。ミーク・ミルの友人であり、共演経験もあるジェイ・Zはこの判決に反応を示しており、フェイスブックに投稿している。

「地方検事補や保護観察官による推薦があったにもかかわらず、裁判官によって下されたこのような判決は不当で強引なものだ」とジェイ・Zは綴っている。「俺たちはいつだってミーク・ミルを支持し、彼をサポートしていく。この間違った判決を彼が正し、それから音楽のキャリアに戻ってくることになる、その両方の点でね」

https://www.facebook.com/JayZ/posts/10156145799644206

ミーク・ミルの弁護士は上訴すると断言している。

先日、ミーク・ミルはセレブリティによるボクシング・マッチでドレイクと対決するつもりだと発言していた。ミーク・ミルは2015年にドレイクがゴーストライターを利用していると非難して以降、両者は険悪な仲となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ