GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのトム・ヨークは最新の『インタヴュー』誌でベネディクト・カンバーバッチと対談している。

対談の中で親友でもある二人のスターはベネディクト・カンバーバッチの最新映画『ザ・カレント・ウォー』について会話を交わしており、ベネディクト・カンバーバッチはこの映画で発明家のトーマス・エジソンを演じている。他にもベネディクト・カンバーバッチが19歳の時にチベットの僧院で英語を教えた体験(4時間しか寝なくて、かゆとちょっとしたシチューみたいなものしか食べなかった)、レディオヘッドの最新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』が自動車での旅行中に聴く音楽として書かれたことなどについて語っている。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

Our second in three generations of Hollywood rockstars (and three November covers) is Sherlock Holmes himself, #BenedictCumberbatch, interviewed by @radiohead frontman #ThomYorke. 📸 @mikaeljansson Styling @ludivinepoiblanc

Interview Magazineさん(@interviewmag)がシェアした投稿 –

対談の他の部分ではトム・ヨークとベネディクト・カンバーバッチはイタリア語でのキスが何であるかについてやキューと共に泣ける俳優の重要さなどについて語っている。(「トイレで泣いてたよね。そうしたかったわけじゃないんだけど」)

レディオヘッドはバンドの全キャリアに及ぶ楽曲の歌詞とコードが掲載されたソングブックを発売することを発表している。400ページにわたる『レディオヘッド:コンプリート』はバンドの32年間のキャリアから160曲以上を掲載しており、長年コラボレーションを行っているスタンリー・ドンウッドによる新たなアートワークも掲載される。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ