GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーノエル・ギャラガーを批判して、彼について「元兄弟」と評し、「失礼だ」と述べている。

ここ数週間にわたってオアシスの兄弟における言葉の応酬は激しくなっており、ノエル・ギャラガーは沈黙を破って、リアム・ギャラガーのことを「公園のハト」と呼び、精神科医に診てもらうことを提案している。また、自身の音楽を批判する人物に対して「パーカーの猿ども」と批判している。

リアム・ギャラガーは一連のツイートでノエルの成功は「お前をそこに導いた素晴らしい人々のおかげ」だとしている。

彼は次のようにツイートしている。「元兄弟の口から出た戯言に言っとかないとならないな。あいつは旅行中だが、学ばなきゃいけないことがある」

「お前は自分自身のボスだ。お前は自分のレコードを出す。お前は自分の曲を書く。お前はすべての楽器を演奏する。お前は自分自身をマネージメントする。お前はそりゃすごいんだろうけどな」そして、次のように続けている。「お前は失礼だ」

「お前がそのポジションに辿り着いた唯一の理由はお前をそこに導いた素晴らしい人々のおかげだ。気をつけろよ。愛と懸念と共に言っとくよ」

一連のツイートは以下の通り。

先日、ノエル・ギャラガーはリアムのソロ・アルバム『アズ・ユー・ワー』をまだ聴いていない理由について次のように語っている。「ファンじゃないからだよ。学ぶことなんか何もないだろうしね。あいつは自分で曲を書いていないから、俺にとっては何の意味も持たないのさ」

「俺がパブに行けば、誰かに『勘弁してくれよ、うちの奴がドナルド・トランプみたいになってやがる』って言うのを耳にするだろうね」とノエル・ギャラガーは語っている。「だけど分かるだろ、俺は鷲のように舞おうとしてるのに、公園のハトのくだらないお喋りへのコメントをお願いされてるんだよ」

先月、リアム・ギャラガーはソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしており、ノエル・ギャラガーは11月22日にサード・アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』をリリースする予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ