GETTY

Photo: GETTY

ハンス・ジマーは「ブルー・プラネットⅡ」のサウンドトラックのためにレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドに会った際、「スターに会って感激した」と語っている。

レディオヘッドとハンス・ジマーはBBCの海洋ドキュメンタリー番組のためにレディオヘッドの楽曲“Bloom”をリメイクするのに協力している。

今回、ハンス・ジマーはレディオヘッドのギタリストであるジョニー・グリーンウッドと会った時のことについて「スターに会って感激した」と認めている。

「ああ、それについては認めるよ。ちょっとスターに会って感激したね」とハンス・ジマーはジョニー・グリーンウッドと対面した時のことについてCBCラジオに語っている。「彼は僕のお気に入りの映画音楽の作曲家なんだ」

ハンス・ジマーは「なにせ他ならぬ彼らだからね。曲を台無しにしないか」恐れていたとも認めている。

「“Bloom”は最初の『ブルー・プラネット』シリーズにインスピレーションを得てできたものなんだ。だから、この曲が一周回って、この素晴らしい作品の続編のために生まれ変わるなんてすごいことだよ」とトム・ヨークは今回のプロジェクトについて語っている。

「ハンスはいとも簡単に複数の音楽ジャンルを股に掛けてしまう並外れた作曲家だよね。だから、僕たち全員にとって、そんな才能ある人と仕事できて、彼がどうやって番組の音楽と“Bloom”を融合していくかを見られたのは解放的なことだったね」

トム・ヨークは先日、海洋ドキュメンタリー番組の「ブルー・プラネット」シリーズの「深遠でスピリチュアルな」側面についても語っている。

「あれは僕が息子と遅くまで起きてた後に、ソファーで横になって再び眠りにつこうとしていた時のことなんだ。朝の7時で、彼がまだ幼かった頃だった。僕の潜在意識に番組が押し寄せたり引いたりする感じでね」と彼は語っている。

「それで、そのままにしてたんだけど、番組が発見した深海に潜む生命体についての話は知ってるだろ。あれに深い意味合いのようなものを感じたんだ。彼らが何とか深く潜ったおかげで、僕たちが知らなかった生物の存在を発見できたっていうね。僕にとってこうしたことすべて、人類が知らなかった生命体を発見するということは最も深遠なことで、深遠な概念の一つなんだ。化石を発見することであっても、生物が存在していたり、僕たちが住んでいる場所に僕たちの知らない歴史があったり、そうしたものを発見することは、僕にとって最も深遠でスピリチュアルな形で人類という存在が発露することでね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ