PRESS

Photo: PRESS

リアム・ギャラガーオアシスの解散後に結成したビーディ・アイについてインタヴューで振り返っている。

リアム・ギャラガーは今月ソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしており、アルバムは全英アルバム・チャートで初登場1位を獲得している。

彼はソロ・デビューにあたって自身の私生活の問題を整理しなければならなかったと明かしている。

「ビーディ・アイが昏睡状態に陥った後のことなんだけどさ」と彼は『ピープル』誌に対して語っている。「俺は私生活において、いくつかの物事に対処するための小休止が必要だったんだと思う。それで、すべての整理がついて、『レコードを制作する時が来た!』って感じだったんだ」

さらにリアム・ギャラガーは、ビーディ・アイについて次のように振り返っている。「もちろん、ビーディ・アイが成功して欲しいと思ってたけど、そうなる運命ではなかったわけでね。休暇をとったことはすごく意味のあることだったと思ってるんだ」

リアム・ギャラガーは先日、グラスゴーで自身のミュージック・ビデオに出演するファンを募集することを発表している。

ミュージック・ビデオに出演できる抽選募集は下記のサイトで受け付けられている。

http://liamgallagher.com/videopromotion

ミュージック・ビデオの撮影は11月6日に16時から深夜まで行われる予定で、当選者は撮影場所へは独自の交通手段で向かわなければならないという。

対象は14歳以上となっているが、18歳以下の場合は保護者の同伴が必要だという。募集締切は11月31日となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ