GETTY

Photo: GETTY

アーケイド・ファイアは長年にわたって連れ添ったマネージャーのスコット・ロジャーとの契約を終了したことを発表している。

アーケイド・ファイアはマーベリック・マネージメント社のスコット・ロジャーと12年以上にわたって共に仕事をしている。スコット・ロジャーはアーケイド・ファイアの他にも、ポール・マッカートニー、リリー・アレン、ラ・ルーなどのマネージメントも務めている。

アーケイド・ファイアはフェイスブックで声明を発表しており、契約終了は「友好的」であったとして、さらにスコット・ロジャーを「素晴らしい指導者であり、12年以上にわたって真の友人でいてくれました。彼の熱心な仕事ぶりと、血と、汗と涙に、私たちは深く感謝したいと思う一方で、彼の幸せを願うばかりです」と評している。

スコット・ロジャーも自身のツイッター・アカウントに声明を発表しており、アーケイド・ファイアとの仕事は「私のキャリアの上で最上の喜びとなりました。彼らは同世代の中で群を抜いて重要なバンドであり、過去のどんな音楽の中でも最も刺激的なものをいくつも生み出してきました。深い愛情と敬意を送るとともに、バンドのこれからに大きな幸運が訪れることを祈りながら、彼らが次にどんなことを思い付くものか心から楽しみにしています」と綴っている。

アーケイド・ファイアが新たなマネージメント契約を交わしたかどうかや、これ以降は自らマネージメントを行っていくのかなどについては、現時点では明らかになっていない。

アーケイド・ファイアとスコット・ロジャーの声明はこちらから。

https://www.facebook.com/arcadefire/posts/10155560001450225

アーケイド・ファイアは今年7月に通算5枚目となるアルバム『エヴリシング・ナウ』をリリースしている。

アーケイド・ファイアのフロントマンであるウィン・バトラーは先月、『エヴリシング・ナウ』リリースの際の物議を醸したフェイク・ニュースを駆使したマーケディング・キャンペーンについて語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ