GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーオアシスを再結成するという考えに嘲笑を浴びせ、再結成で「人間として死んでしまうことになる」と語っている。

弟のリアム・ギャラガーはオアシスの再結成を望み、ボールはノエル側にあると語っているものの、ノエル・ギャラガーはソロ・アーティストとして進化を遂げていくことのほうが遥かに興味があると語り、デヴィッド・ホルムスのプロデュースによる『フー・ビルト・ザ・ムーン?』がこれまででも最も意欲的な最高の作品だと語っている。

「それについてはすごく一貫してるんだ」とノエル・ギャラガーは『Q』誌に語っている。「俺は金も必要ないし、栄光もいらなければ、思い出を追体験する必要もない。明日、オアシスを再結成させてツアーをやったとするだろ、そうしたら大金が銀行に入ることになるんだろうけどさ。そんなことはとっくに知ってるわけでね」

「実際、デヴィッド・ホルムスのような奴とスタジオで1年近くを費やしてきたわけでね。(再結成は)人間として死んでしまうことになるよね」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「5年ほど続けてきたバンドにいて、まさに絶頂期にあるなら、理解できるけどさ。オアシスにはやり残したことなんてないんだよ。俺たちはやりきったわけでね。十分やったわけでさ。終わったんだよ」

インタヴューの他の部分では、ノエル・ギャラガーは弟のリアム・ギャラガーのソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』について「ファンじゃない」から聴くつもりはないと明かし、リアム・ギャラガーの度重なるツイッターでの発言についてドナルド・トランプ米大統領に喩えている。

一方、英スウィンドンの警察は、「(サイダーの)ホワイト・ライトニングの瓶をガブ飲みしながら窓を舐めて」いた「ノエル・ギャラガーによく似た人物」の情報提供を呼びかけている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ