PRESS

Photo: PRESS

サム・スミスは最新インタヴューで自身のジェンダーとしてのアイデンティティについて明かしている。

サム・スミスは先日、約3年ぶりとなるニュー・アルバムを11月3日に世界同時発売することを発表しており、『スリル・オブ・イット・オール』と題されたアルバムからは“Too Good At Goodbyes”に続いて、新曲“Pray”も公開されている。

新作のリリースに先駆けて、サム・スミスは『サンデー・タイムズ』に次のように語っている。「これにどういう名前をつけるべきかは分からないけど、僕は自分が男性であるのと同じくらい女性だって感じているんだ」。続けて自身を生まれながらに男性だと考えているのかと訊かれると、女性のシンボルを表す“♀”のタトゥーが二つ掘られた指を見せながら次のように答えている。「いや。要は、僕の指にはこのタトゥーが入っているっていうことだよ」

サム・スミスは続けて、女性用の服を着ることが好きなことを明かしている。「僕はハイヒールが好きなんだ。家にはたくさんのハイヒールがある……実を言うと、男性用の服を一つも持っていない時期もあったんだ。僕は2年半の間、ばっちりメイクをして、アイラッシュを付けて、ドクターマーチンにレギンスを履いて、大きな毛皮のコートを着て学校に通っていたんだ」

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

Ride or Die

Sam Smithさん(@samsmithworld)がシェアした投稿 –

サム・スミスはまた、新曲がいかに自身の「成長や自信……自分がゲイであることを示すこと」を表現しているかについて語り、次のように明かしている。「振り返ってみると、昔は間違ったことを言うことや人を怒らせてしまうことを恐れていたんだ……そして19歳の時に僕はファースト・アルバムの曲を書き始めてね。ちょうど田舎からロンドンに出てきたばかりの頃で、田舎では文字通り僕が唯一のゲイだったんだ。僕は自分が何を伝えたいのかも分かっていなかったよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ