GETTY

Photo: GETTY

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジはニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンでの公演を今週に予定しており、その公演の無料チケットをニューヨークの地下鉄に隠している。

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは最新作『ヴィランズ』を引っさげて現地時間10月24日にマディソン・スクウェア・ガーデンでライヴを行う予定となっている。

公演の前に、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジはニューヨーク市地下鉄にQ系統に無料チケットを隠して、ファンに無料チケットを手にいれるチャンスを与えている。

ニューヨーク情報のブログ「ゴッサミスト」によると、3セットの無料チケットが入れられた封筒が57丁目/7番街駅、14丁目-ユニオン・スクエア駅、キャナル・ストリート駅に隠されているという。

バンドのレーベルであるマタドールはインスタグラムへの一連の投稿でこの事実を認めている。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

#villains 🚇 service change #msg

Matador Recordsさん(@matadorrecords)がシェアした投稿 –

service change on the Q line… read carefully. #msg tomorrow

Matador Recordsさん(@matadorrecords)がシェアした投稿 –

#findtheQ

Matador Recordsさん(@matadorrecords)がシェアした投稿 –

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは8月に通算7作目となる最新作『ヴィランズ』をリリースしている。

このアルバムのサウンドについて、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのフロントマンであるジョシュ・オムは『NME』に対して次のように語っている。「ゆっくりとした展開も一部あるけど、俺は踊るのが好きだからさ。イーグルス・オブ・デス・メタルでも、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジでも、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズでも、 ロックンロールとダンス、ハレルヤ、そしてダークネスを合わせて、一つにしない理由がないよね。SNSの『いいね』を絶望的なまでに求めてる世の中で、『ヴィランズ』はもっと『忌み嫌いもすれば、除け者の側に立つ』って感じなんだよ。このアルバムは悪事をはたらくためにあるんだ」

ジョシュ・オムは次のように続けている。「クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジはいつもアイスクリーム屋やゲームセンターのようなものでさ、毎日の下らないことから逃れられるんだ。日々の時事問題なんかには興味ないんだけど、同時に、このアルバムは完全に今のものだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ