GETTY

Photo: GETTY

アヴリル・ラヴィーンは、自身とニッケルバックのフロントマンのチャド・クルーガーが、2年間の結婚生活の末、離婚に至ったことを発表している。

アヴリル・ラヴィーンはイギリス時間の9月2日、インスタグラムに2人の結婚式当日の写真を投稿し、離婚を認めるコメントを添えている。

コメントは「残念なことではありますが、チャド(・クルーガー)と私はお別れすることを本日発表いたします」という書き出しで始まっている。「結婚生活だけでなく、音楽を通じても、私たちはたくさんの忘れられない瞬間を重ねてきました。私たちは今でも、そしてこれからもずっと親友であり、いつでもお互いを深く思いやっていきます。家族、友達、そしてファンの皆さんのご支援に心からお礼を申し上げます」

2人は2013年7月に結婚し、同年に2人の関係の深まりを歌った“Let Me Go”をリリースしている。

昨年の11月、チャド・クルーガーが結婚指輪をしていない姿を写真に撮られた後、アヴリル・ラヴィーンとチャド・クルーガーは結婚生活が破綻したとの噂を否定している。この結婚はアヴリル・ラヴィーンにとって2度目であり、その前はSUM 41のデリック・ウィブリーと結婚していた。

チャド・クルーガーは先日、声帯嚢胞の手術から回復するためイギリス公演を含むニッケルバックのワールド・ツアーをキャンセルしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ