PRESS

Photo: PRESS

スリップノットは自身のお化け屋敷によるテーマパークを開設することが明らかになっている。

「スクリーム・パーク」と題されたそのテーマパークは、カリフォルニア州サクラメントで10月2日から11月1日まで開設されるとのことで、「3つの極悪非道なお化け屋敷とライヴ・ホラー・エンタテインメント」によるものになるという。

発表のビデオの仲で、ショーン・“クラウン”・クラハンはこのイベントについて「間違いなく吐き気のするような」ものになるとしている。

発表のビデオはこちらから。

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはバンドが2枚組の大作のレコーディングについて話していることを明かしており、彼によれば、ビートルズやプリンス、ピンク・フロイドといったアーティストたちのダブル・アルバムと比較されるような作品になるという。

スリップノットは、2014年に最新作『.5:ザ・グレイ・チャプター』をリリースしているが、次回作のリリースまでに約2年の休止期間を設けることになっている。しかし、次回作について、プリンスの『パープル・レイン』のような映画も含めたコンセプチュアルな作品になる見込みになる模様だ。

「今、考えているアイデアは、コンセプトと一緒に出てきているもので、それのためのサウンドトラックを作ってみるというものなんだ」とコリィ・テイラーはニューヨークのラジオ局「Q103」に語っている。「でも、別の日には、そうだな、もっと先に進めて、俺たちの『パープル・レイン』を作っちまおうよ、俺たちの『ザ・ウォール』を作ってみようよ、なんてことも話してるんだ。映画も作ってさ、単なるアルバムじゃなくて、映画もやって、全部やるっていうね。そういうのであれば、ぐっとのめり込めるだろうってね。そこまでいけるのは数年かかるだろうけどさ、でも、そういうことができるというのはさ、これまで5枚出してきた俺たちのいる場所に戻ってこれるということだからさ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ