GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズはドキュメンタリー作品のために11月に一夜限りの小規模な会場でのライヴを行うという。

ライヴは11月1日にロンドンのヨーク・ホールで開催される。このライヴでノエル・ギャラガーは新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』からの楽曲を演奏する予定だという。

このライヴの映像は、アルバムの海外発売日である11月24日にアップル・ミュージックで公開されるドキュメンタリー『オン・ザ・レコード:ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』に使用されるという。

ポール・ウェラーがオルガンで参加している最新シングル“Holy Mountain”のミュージック・ビデオはこちらから。

先日、ノエル・ギャラガーは「ウィ・アー・マンチェスター」のライヴでヘッドライナーを務めたことを受けて公共の安全について語っている。

「俺たちの政府はこんなことが起こるのを止める力がないように見えるんだ。俺には子供がいて、あいつらはロンドンで育ち、地下鉄も使ってる。俺も地下鉄を使うわけでね。全員が公共交通機関を使ってるんだ。俺が運転できないからね」

一方、リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーの最新シングル“Holy Mountain”についての自身の意見を改めて語っている。

「言うまでもなく、俺が何て言うかは分かるだろ。俺向きではないよな」

「音楽のことで言えば、ちょっとうっとうしいよね。音があまりにも多いと思うし、リスクを冒してない感じがするね。俺の趣味じゃないな」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ