GETTY

Photo: GETTY

ジェシー・ウェアは“Sam”と題したエド・シーランと共作した楽曲を公開している。

ジェシー・ウェアは10月20日に通算3作目となるニュー・アルバム『グラスハウス』をリリースする。アルバムは2012年発表のデビュー作『ディヴォーション』、2014年発表の『タフ・ラヴ』に続くもので、デビュー・アルバムはマーキュリー・ミュージック・プライズの候補となっている。

夫のサム・バロウズにちなんだ“Sam”はエド・シーランとの共作曲となっており、チャンス・ザ・ラッパーのトランペット奏者であるニコ・セガールのほか、フランシス・アンド・ザ・ライツのフランシス・フェアウェル・スターライト、ザ・フーのベーシストであるピノ・パラディーノが参加している。

“Sam”は“Midnight”や“Alone”に続く新作からの楽曲で、“Say You Love Me”に続く2曲目のエド・シーランとのコラボレーションとなっている。

“Sam”のストリーミングはこちらから。

ジェシー・ウェアは『フェイダー』誌に新作について「すごくパーソナルな」作品であると語っている。「ただ曲を書いてるだけと思ってたんだけど、このアルバムは私の夫や赤ん坊のためのものになっていったの。ここ数年は大変な時期だったから、このアルバムはその浮き沈みや恐怖、美、歓喜を体現したものになっているの」

先月、ジェシー・ウェアは新作からのシングル“Midnight”のミュージック・ビデオも公開されている。トム・ベアードが監督を務めたビデオはマヨルカ島で撮影されている。

プレス・リリースでジェシー・ウェアは次のように述べている。「午前1時から日の出まで撮影したんだけど、作るのがとても楽しいビデオだったわ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ