GETTY

Photo: GETTY

シーアはクリスマス・アルバムの詳細が発表になっている。

シーアについては新たにアトランティック・レコードと契約を結んだことが発表されている。シーアはこれまでRCAと契約を結んでいた。

シーアのアトランティック・レコードからの最初のリリースとなるのが『エヴリデイ・イズ・クリスマス』で、自身にとって初のクリスマス・アルバムとなり、10曲のオリジナル曲が収録されている。

トラックリストには“Santa’s Coming For Us”、“Puppies Are Forever”、“Ho Ho Ho”といった曲名が並んでおり、『エヴリデイ・イズ・クリスマス』は11月17日にリリースされる。

トラックリストとアートワークは以下の通り。

https://twitter.com/Sia/status/919926392233570306

シーアとの契約についてアトランティック・レコードのCEOであるクレイグ・カルマンとCOOのジュリー・グリーンウォルドは声明で次のように述べている。「シーアは一世代に一人のアーティストです。彼女の類稀なシンガーやソングライターとしての才能や、パフォーマンスや画期的なビデオといったアートへのアプローチなど、そのすべてはイマジネーションとインスピレーションの深い水源から来ているものです。シーアは独自の広大な音楽的宇宙を形作ってきた稀有なアーティストです。アトランティックのファミリーに彼女を迎えることができて、そして彼女の素晴らしい音楽的な旅路に加わることができて、喜んでいます」

シーアは先日、映画『マイ・リトル・ポニー:ザ・ムーヴィー』に提供した“Rainbow”のミュージック・ビデオが公開されている。シーアは声優としても映画内のポップスターのキャラクター、ソングバード・セレナーデ役を担当している。

“Rainbow”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ