GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンは亡くなったトム・ペティに追悼の意を表明しており、「長年見失っていた兄弟」と称する彼の死に「失意で胸が張り裂けそうだ」と述べている。

トム・ペティは現地時間10月1日にカリフォルニア州の自宅で心肺停止に陥り、10月2日に病院で亡くなっている。享年66歳だった。

音楽界からの同胞から追悼の声が寄せられるなか、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターの2人も哀悼のメッセージを発表しており、ブルース・スプリングスティーンも追悼の辞をツイートしている。

「Eストリートを下ってきたけれど、トム・ペティの死に失意で胸が張り裂けそうだよ。遺族とバンドメイトに思いを捧げます」とブルース・スプリングスティーンはツイートしている。「いつも彼の音楽には深い親近感を感じていたんだ。いつ会った時でも偉大なソングライターでパフォーマーだった……それは長年見失っていた兄弟に会うような感じだった。僕らのこの世界は彼なしでは悲しいものになるだろうね」

トム・ペティの訃報は長年にわたってトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのマネージャーを務めてきたトニー・ディミトリアディスによって遺族に代わって発表されている。

トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。

トム・ペティはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの活動に加え、1988年にボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ