BBC

Photo: BBC

サム・スミスはジョージ・マイケルとアリシア・キーズのカヴァーによって9月に展開されていた「ライヴ・ラウンジ」月間を締めくくっている。

サム・スミスは最新シングル“Too Good At Goodbyes”に加え、“Stay With Me”、“Lay Me Down”、“I’m Not The Only One”、“Leave Your Lover”、ディスクロージャーとのコラボレーションである“Latch”、アリシア・キーズの“Try Sleeping With A Broken Heart”、ジョージ・マイケルの“Father Figure”のカヴァーを披露している。

番組の映像はこちらから。

サム・スミスは9月8日に2014年発表のデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』に続くセカンド・アルバムからの最初の楽曲となる“Too Good At Goodbyes”をリリースしている。

サム・スミスは「Beats 1」のゼイン・ロウの番組のなかで、来たるアルバムが彼が恋愛から得た教訓に影響されたものとなっていると明かしている。

「みんな、この曲が僕についてのことで、僕が経験したことと見るんだろうけどさ。去年の恋愛で経験したことは僕をすごく強くしてくれて、いくつか教訓を学んだと思ってるんだ」

「アルバム全体が実際に僕のことというわけじゃないんだけど、4曲は僕自身のことで、それ以外は僕の人生における様々なことや様々な人々についてなんだよね。様々なことについて僕のいろんな考え方だよね。みんなにはぜひ戻ってきてほしいし、僕の声を通して、僕が見てきたものを語ることができればと思うよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ