GETTY

Photo: GETTY

ウィーザーは自身のミュージック・ビデオに出演したこともある、先週亡くなった米『プレイボーイ』誌の創業者、ヒュー・ヘフナーを追悼している。

ヒュー・ヘフナーは現地時間9月28日早朝に「自然死」で亡くなっており、享年91歳だった。

2005年にヒュー・ヘフナーはプレイボーイ・マンションで撮影されたウィーザーの“Beverly Hills”のミュージック・ビデオに出演している。

ウィーザーはツイッターで「僕らの電話に出てくれてありがとう、ヘフ。ウィーザーのビデオでも最もらしからぬ人の一人よ、安からに」と述べている。

ヒュー・ヘフナーは1953年に自身の家のキッチンで『プレイボーイ』誌を創刊しており、全盛期には月刊700万部の部数を誇り、世界で最も売れている男性誌となった。長年にわたって多くの大物にインタヴューしており、ジョン・レノン、マーティン・ルーサー・キング、フィデル・カストロらのインタヴューを掲載してきた。

ヒュー・ヘフナーの息子のコッパー・ヘフナーは次のように述べている。「私の父はメディアとして、カルチャーの先駆者として、発言の自由や公民権、性的な自由を主張する、我々の時代における重要な社会的・文化的胎動を導く声として、例外的で影響力のある人生を送ってきました。彼は『プレイボーイ』のブランドの中心に位置するライフスタイルと精神を形作り、それは歴史的にも最も永続的で注目すべきものの一つでした」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ