PRESS

Photo: PRESS

プライマスは9月29日にリリースされる通算9作目となるニュー・アルバム『ザ・ディサチュレーティング・セヴン』より新曲“The Trek”を公開している。

本作は、1991年発表の『セイリング・ザ・シーズ・オブ・チーズ』、『ポーク・ソーダ』(1993年)、『テイルズ・フロム・ザ・パンチボウル』(1995年)という一連の名盤を世に送り出してきた、レス・クレイプール(ヴォーカル、ベース)、ラリー・ラロンデ(ギター)、ティム・アレキサンダー(ドラム)による黄金期のラインナップで制作されている。

アルバムはイタリア出身のアーティスト/画家ウル・デ・リコの絵本『虹伝説The Rainbow Goblins』がモチーフとなっている。“The Trek”のオーディオ・ビデオでは、ベースのレスがクリストファー・P・ベーコンというキャラクターとして出演し、曲の紹介を行っている。

これまでに公開されてきた動画はこちらから。

新作『ザ・ディサチュレーティング・セヴン』の日本盤も10月18日にリリースされることが決定している。日本盤には、歌詞対訳、ライナーノーツに加えて、ボーナストラックとして収録曲“The Seven”のライヴ音源が収録される。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:Primus(プライマス)
タイトル:The Desaturating Seven (ザ・ディサチュレーティング・セヴン)
レーベル:ATO / Hostess
発売日:2017年10月18日(水)
品番:HSE-4986
価格: 2,400円+税
※日本盤はボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ 付 (予定)
1. The Valley
2. The Seven
3. The Trek
4. The Scheme
5. The Dream
6. The Storm
7. The Ends?
8. The Seven – Live*
*日本盤限定ボーナス・トラック

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ