GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズの“What Goes On”の貴重なデモ音源がオークションに出品されている。

1965年発表の『ラバー・ソウル』にリンゴ・スターのヴォーカルで収録されている“What Goes On”だが、今回出品されているデモは1963年のもので、ジョン・レノンがヴォーカルを担当している。歌詞もオリジナルとは違っているところがあり、一部を以下で聴くことができる。

“What Goes On”について以前、ジョン・レノンは次のように語っている。「初期に書かれた楽曲でね。ザ・ビートルズの前の、ザ・クオリーメンとかだった時期に書かれたんだ」

オークションの起源は10月1日までとなっている。

オークションのサイトはこちらから。

http://www.ebay.co.uk/itm/Beatles-What-Goes-On-1963-John-Lennon-DEMO-ACETATE-Unreleased-Unheard-/292253925731?hash=item440bb10163:g:e10AAOSwLmZZup7E

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ