GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは2枚目以降もソロ・アルバムをリリースするつもりかについて語っている。

オアシスのフロントマンであるリアム・ギャラガーは、10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースする予定になっている。

「コンシークエンス・サウンド」とのインタヴューの中で、今回のアルバムが一度きりのものなのか、それとも一作目という位置付けで更にアルバムをリリースする予定があるのかと訊かれると、リアム・ギャラガーは次のように答えている。

「一度につきアルバム1枚なんだ。これはここ20年で学んだことの一つだね。きちんと楽しんで、その瞬間を生きなきゃいけないんだよ。最悪なのは、幻想に囲まれて、それも過ぎ去って、『おいおい、一体何が起きたんだ?』ってなってしまうことだからね。そういうわけで今回は、一度につき一枚だ。それから、どうなるか見てみることになると思うよ」

「今を生きなきゃいけないんだよ。大切なのは今だからな」とリアム・ギャラガーは続けている。「歳を取ってくると、毎日を……生き抜かないとならないんだ。言ってること分かるか? 未来を考えようとかクソ食らえだよ。ジョン・レノンが言っていたように、『一生懸命計画していようが、起きたことが人生』なんだよ。というわけで、俺たちはアルバムを作って、それもいいサウンドのやつで、これからたくさんのギグが控えていて、それら全部がファッキン素晴らしいものになるってわけだ。俺はそれで満足しているよ。ツアーが終わった後でどうなるか見てみよう」

同じインタヴューの中で、リアム・ギャラガーは自身を象徴するパーカーとサングラスをどんな時でも身につけている理由について明かしている。

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると“Wall Of Glass”、“For What It’s Worth”、“Chinatown”の3曲を先行でダウンロードできる。

リリースの詳細は以下の通り。

リアム・ギャラガー
『アズ・ユー・ワー』
10月6日リリース
WPCR-17915
¥2,200+税
日本盤のみボーナストラック3曲追加決定
1. Wall Of Glass / ウォール・オブ・グラス
2. Bold / ボールド
3. Greedy Soul / グリーディー・ソウル
4. Paper Crown / ペイパー・クラウン
5. For What It’s Worth / フォー・ホワット・イッツ・ワース
6. When I’m In Need / ウェン・アイム・イン・ニード
7. Better Run Better Hide / ベター・ラン・ベター・ハイド
8. I Get By / アイ・ゲット・バイ
9. Chinatown / チャイナタウン
10. Come Back To Me / カム・バック・トゥ・ミー
11. All I Need And More / オール・アイ・ニード・アンド・モア
12. Universal Gleam / ユニバーサル・グリーム
13. Doesn’t Have To Be That Way / ダズント・ハフ・トゥ・ビー・ザット・ウェイ
14. All My People / オール・マイ・ピープル
15. Never Want to Be Like You / ネヴァー・ウォント・トゥ・ビー・ライク・ユー
16. For What It’s Worth(Live at Air Studios) / フォー・ホワット・イッツ・ワース(ライヴ・アット・エア・スタジオ)
17. Greedy Soul(Live at Air Studios) / グリーディー・ソウル(ライヴ・アット・エア・スタジオ)
18. Paper Crown(Live at Air Studios) / ペイパー・クラウン(ライヴ・アット・エア・スタジオ)

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ