PRESS

Photo: PRESS

サム・スミスは、ニュー・シングル“Too Good At Goodbyes”の音源を公開している。

サム・スミスは2014年にデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』をリリースしている。アルバムは過去23年の中でUKの男性シンガーとしてUKよりもアメリカで売れた初のアーティストとなっており、UKで2014年に最も初週の売上を記録したデビュー・アルバムとなっている。

サム・スミスは自身のニュー・シングルのアナログ盤を持つ写真をツイッターに投稿して、同曲が9月8日にリリースされることを明かしていた。

新曲“Too Good At Goodbyes”の音源はこちらから。

サム・スミスは先日、新曲の進捗についてファンへのメッセージを公開していた。「まず初めに、みんなに『ありがとう』と言いたいよ。今日までの間、じっと(僕のことを)待っていてくれて、色々なことを自由に考えたり、音楽を作ったりする時間を僕に与えてくれて、ありがとう。お蔭で僕は元気モリモリだし、みんなに伝えたい話がたくさんあるよ」

彼は次のように続けている。「僕は、みんなのことがとっても恋しかった。みんなの(僕のSNSへの)コメントを毎日欠かさず見ていたし、みんなと一緒に歌を歌うことをずっと待ち焦がれていたんだ」

「その『待ち時間』ももうすぐ終わりを迎えようとしている。何かが、凄く、凄く、凄く、物凄く近い未来に起きるよ。僕の中で今、『興奮』と『恐怖』が共存しているんだ。新作を、全身全霊を込めて、作ったからね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ