GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズはチェスター・ベニントンとクリス・コーネルの死を受けて、自殺とメンタル・ヘルスの問題について語っている。

リンキン・パークとサウンドガーデンのフロントマンである両者が自殺したことを受けて、その悲劇的な死は世界に衝撃を与えている。「ロックFM」による最新インタヴューのなかでフー・ファイターズは鬱に対する自身の考えについて語り、気分を沈んでいる人がいたら目を離してはいけないと語っている。

「クリス・コーネルやチェスターのような人のことに関すると鬱というのは病気なんだよね」とフロントマンのデイヴ・グロールは語っている。デイヴ・グロールはニルヴァーナのフロントマンであるカート・コバーンも自殺で失っている。「誰もがそれぞれのやり方で経験しているわけでさ」

ドラマーのテイラー・ホーキンスは次のように続けている。「銀行の残高とか、YouTubeでどれだけのアクセスがあったとかは関係ないんだ。もし、正常でなかったら、そんなものはどっかに行ってしまうんだよ」

「誰かが沈んでいるように見えたら、気にしなくちゃいけないんだよ」

先日、スリップノットのクラウンことショーン・クラハンはチェスター・ベニントンとクリス・コーネルの自殺を受けて、メンタルヘルスについて語ることへの悪いイメージをなくす重要性について語っている。

「みんなに知ってほしいのは、人々の症状に共感を持って働いている、美しくて素晴らしい人々がこの世界にはいるってことなんだ」と彼は続けている。「そういう人たちは『病気になる』ことを理解しているんだ。化学的不均衡というのは人間の落ち度じゃないんだ。僕らは単に恐れてるんだ。すごく丈夫だと思っている人がすごく傷ついてしまうこともある。これって理解するのが難しいことなんだよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ